• プライベート・プラクティス

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN

About プライベート・プラクティスについて

Category カテゴリー

Writer ライター

HB
シアトルでハチドリの餌付けをするのを夢見る30女。


3月28日(土) #3「魔法を探して」

01_03_1 まだクリニックになじむことができないアディソンの元に、「セックスができない」という35歳の処女キャスリーンが、夫とともにやってくる。
一方、ヴァイオレットの患者ダグは、3年におよぶセラピーの末、ようやく妻に離婚を切り出す決心をするが、妻のカレンが鼻血を出しながら怒鳴り込んできて思わぬ騒動に。クーパーは肌が青くなった少女たちの診察をするが、原因がなかなか特定できない。
そして、今週はピートの妻アナの命日…。アディソンは、ピートが妻の死という傷を抱えていることを知る。


【今回の患者は…】
●35歳の処女、キャスリーン

結婚して3週間の新婚カップル、キャスリーンとジェフリー。2人がアディソンに持ちかけた相談は、実に意外なものだった。キャスリーンは35歳にして処女で、夫のジェフリーとのセックスがうまくいかないというのだ。膣けいれんと診断したアディソンは、彼女に筋弛緩剤を与えて様子をみるが、そう簡単には事は運ばない。
その後、詳しい検査の結果、キャスリーンは外陰部膣前庭炎を患っているため極端に痛みに対して敏感になっていることが判明。ヴァイオレットとナオミは、ピートにも治療に協力してもらうよう勧めるが、アディソンは気が進まない。どうしても、ピートに対してムキになってしまうのだ。この日も、ピートに絡んで「悪態つくな」と言い返されたばかり。しかし、今週はピートの妻アナの命日なのだとナオミに聞かされると、素直に治療への協力をピートに頼む。こうして、あらためてアディソンとピートから処置を受けたキャスリーンは、ようやくセックスを成し遂げるのだった。

●“ブルー”な子供、エリン
01_03_2 ペイジは、娘のエリンを連れてクーパーを訪ねる。「あの子がブルーになって…」とクーパーに訴えるペイジ。“ブルー”というのは気分の問題ではなく、まさに彼女の顔色のことだった。驚いたクーパーはすぐに一通りの検査を行うが、原因を特定できず。ひとまず、点滴で症状を抑えてエリンを帰宅させる。
その後、再びペイジがクリニックへ。エリンの症状は悪化し、キム、サーシャ、ベッキーまで青くなったというのだ。クーパーは、原因となる汚染物質の正体を突き止めるためにペイジの家へ出向くが、やはり原因を見つけられない。そんな中、エリンがけいれん発作を起こしてしまう。クーパーは、深刻化する状況に頭を悩ませる。
その後、デルの「あの子たちは小さくてもれっきとした女だ」という言葉にヒントを得たクーパーは、デルのナオミに対するケーキ攻撃にヒントを得て、女の子用のおもちゃを携えて再びペイジの家を訪問。少女たちと一緒になって遊ぶうち、近所の家の庭にある小屋が秘密の遊び場になっていることを知る。小屋には、硝酸アンモニウム肥料が! これが中毒の原因だったのだ。こうしてクーパーは、ペイジの子供たちの危機を救った。

●妻と別れる勇気を養うため、セラピーを続けていたダグと、妻のカレン
ダグはヴァイオレットの患者。彼は、長いこと妻に離婚を切り出す勇気を持てないまま、今日まで我慢を重ねて暮らしてきた。しかし、ヴァイオレットとの3年にわたるセラピーで、自分の望みをはっきりと言えるように訓練してきたおかげで、ついに妻に離婚を告げる決心をする。
ところがしばらくして、ダグから離婚を言い渡された妻のカレンが、ダグに付き添われながらクリニックにやってくる。彼女は大量の鼻血を出しており、サムが彼女を診察する。
翌日、「自分たち夫婦のことは放っておいて」とヴァイオレットに言いにきたカレンは、再び大出血。聖アンブローズ病院に運び込まれた結果、ウェゲナー肉芽腫症を患っていることが判明する。さらに、医局長シャーロットの話から、カレンは以前から自分の病気を知っていたことも明らかに。サムとヴァイオレットはカレンの病室に行き、ダグに真実を話すかどうかカレンに選択させる。隠しきれないと悟ったカレンは、ダグが逃げ出すのを恐れて病気のことを隠してきたことを告白。しかし、どんなことがあっても決して結婚から逃げようとしなかったのはダグの強さであり、今こそダグの強さが必要なのだと必死に訴える。病気の妻を見捨てることはできないと判断したダグは、離婚を取りやめると宣言。これまで熱心にセラピーを重ねてきたヴァイオレットは、カレンの病気発覚によりすべてが無駄になったことに落胆する。
その後、ヴァイオレットのオフィスにダグが訪ねてくる。彼は、離婚しないという選択をしたのは自分の意思だと主張。今回、自分自身で決断を選び取ることができたのはヴァイオレットのおかげなのだと、彼女に礼を言うのだった。


【今回のキャラクターたちは…】
●アディソン

ロスに来れば何かが変わると、大いに期待を膨らませていたアディソン。「聡明なアディソンも、環境が変わればいいことがあると信じていたなんて、意外と私たちと変わらないじゃない!」と親近感を持った方も多かったのでは?
雨のロスに幻滅して「ここになじめない」とこぼすアディソンには、「みんなと仲良くするように」というナオミのアドバイスも心に響かない。なにせ、クリニックの仲間たちとは打ち解けられず、特にピートとは言い合いばかりなのだから…。理由も告げないまま「今週はピートに優しくして」というヴァイオレットの一方的な言葉も、アディソンに疎外感を覚えさせるきっかけとなった。
しかし、アディソンはピートの亡き妻の命日のことを、ナオミから聞かされる。見方を変え、ピートに優しい言葉をかけようとするアディソン。ピートは素っ気ない返事をするものの、後で自分の妻のことを少しアディソンに話す。2人の関係は一歩前進!
また、キャスリーンが無事に初夜を迎えることができたことも、アディソンに自信を与えた。大病院とは異なる共同医療クリニックの良さが少しずつ分かり初めてきたアディソン。協力しあう医療の重要性と、仲間との連帯感の大切さを知ることで、自分なりの「魔法」を見つけたようだ。

●ピート
01_03_3 アディソンに食ってかかられても、いつもなら冗談で切り返すはずのピートが、この日はマジギレ。「君は俺を知らない」「悪態つくな」と、アディソンを突っぱねる。亡くなった妻の命日だったのだから、ナーバスになったのも当然か。
そんなピートは、ヴァイオレットから「妻に対する感情と向き合うべきだ」と助言され、妻の墓前で恨み言…。しかし、最後に一言「救えなくてごめんな」と声をかける。どうやら、ピートは妻の死に自責の念を抱いているらしい。ピートの心の傷は、かなり深刻そうだ。

●ナオミ&サム
娘のマヤは、サムの家とナオミの家を行ったり来たりする生活。マヤが1週間サムと過ごすと言い出したものだから、ナオミはおもしろくない。「マヤはサムの方が好きなのかもしれない」という不安から、ついついデルが運んでくるケーキに手を伸ばしてしまう。それにしても、ナオミが平らげたケーキの量といったら!
エンディングでは、「いつ、いいことがあるの?」と弱気になってしまうナオミ。サムと同じ職場で平静を装って仕事を続けるのは、彼女にとってかなりのストレスになっている模様。そんな彼女を慰める、アディソン、ヴァイオレットの友情が温かかった!

●ヴァイオレット
付き合っていた頃にアランが残した留守番電話のメッセージを、いまだに繰り返し聞いてしまうヴァイオレット。他人には精神科医として建設的なアドバイスができるのに…。しかし、今回は留守番電話のメッセージを削除。彼女も、また1つ踏ん切りをつけた。この調子でがんばれ!

●クーパー&デル
今回は、意外にもデルの言葉がクーパーの患者を救うきっかけとなった。しかし、クーパーに対しては、分かったようなことを言っていたデルだけれど、やっぱりおこちゃま。ケーキでナオミの気を引くのには限界ってものが…。女の望みはもっと複雑なのだ!


【今回のベストソング】
"Save You " Matthew Perryman
ピートが亡き妻の墓石に語りかけるシーン


【今回のゲスト】
キャスリーン役: ニーナ・シーマッコ
「ザ・ホワイトハウス」のバートレット大統領の娘エリー・バートレット役。
ダグ役:アンディ・ミルダー
「Weeds ~ママの秘密」のディーン役
ジェフリー役:クリストファー・ウィール
「CSI:科学捜査班」のシーズン2、3で数話登場した救急隊員。サラの元彼。
ちなみに、青くなった子供の1人、サーシャちゃんは、「CSI:マイアミ6」#10「親の品格」で、子守ヴァネッサの死体の第一発見者メーガン役を好演。


【コメントをお寄せ下さい!】
期間中に、このブログにコメント下さった方の中から抽選で、サイン入りポスターをプレゼント! 番組へのご意見・ご感想など、どんなことでも構いませんので、どしどし書き込みをお願いします!

2009.3.29|エピソードガイド、プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち|コメント(5)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535004/44490503

この記事へのトラックバック一覧です: 3月28日(土) #3「魔法を探して」:

コメント

こんにちは!
青い子供にはびっくりでした。クーパーが子供たちと、
天使の扮装で遊んでる姿もほほえましかったです。
キャスリーンが「ザ・ホワイトハウス」のエリーだとは、
全然気がつきませんでした。
だいぶ雰囲気が変わりますね。

投稿: Anne | 2009年3月29日 (日) 08時56分

はじめまして。
今回のストーリーでは、子供が青くなるというシーンにびっくりしました。
でも、ああいう事って本当にあるかも?と思うと怖いですね。
それにしても、一緒に遊んで原因を突き止めるクーパーが素敵でした。あんなお医者さんがいたらいいのに・・・

投稿: るみ♪ | 2009年3月30日 (月) 17時07分


子供が青くなる病気ってホントにあるのだろうか('-'?

ピートが妻の墓石に怒りをぶつけた後謝るシーンは切なかったです(涙)

投稿: あ | 2009年3月31日 (火) 13時07分


第一話「最低で最高の始まり」の最初の方に流れていたアディソンがダンスしていた曲の名前を教えてください(゚▽゚)/

投稿: ★いし | 2009年4月 4日 (土) 08時51分

Scissor Sisters "I Don't Feel Like Dancin'"ではないでしょうか?チェックしてみてください♪

投稿: ひのき風呂 | 2009年4月 4日 (土) 11時03分

コメントを書く